疲労のサイン!?手のひらの月丘に出る手相の横線(放縦線 5種)

手のひらの手相で、健康運を占う時に使う「放縦線(ほうじゅうせん)」についてご紹介します。

前回、手相で健康状態をチェックする線として、健康線(けんこうせん)をご紹介しましたが、それとよく似た線があります。

その線は、全般的に放縦線と呼ばれており、疲労がある時に出やすい、手のひらの月丘と呼ばれるゾーンに出る、どちらかと言えば横方向に伸びる線なのですが、出る位置によって多少意味合いが異なり、放縦線は下の方に出るほどセクシャルな意味が強くなります。

放縦線と健康線は、生命線の状態と併せてチェックするとよいでしょう。

ここでは、5種類の放縦線をご紹介します。

スポンサーリンク

手相の放縦線(ほうじゅうせん)とは?

一般的な放縦線

手の小指側の側面を見ると、感情線~手首の間のゾーンに、薄く弱い横線が出ていることがあります。その薄い横線がだんだん、手のひら側の月丘まで伸びてくるような状態が、一般的な放縦線になります。

手の側面から出ていない場合でも、月丘付近に出ている弱めの横線は、全般的に放縦線と呼びます。

放縦線は、主要三大線(生命線・頭脳線・感情線)と比較すると、かなり薄い線です。

手相の三大線と呼ばれる掌線

参考 このゾーンに出ている線が、くっきりと強い場合は反抗線職業線の場合があります。よく似た線がありますので、↓も参考にしてください。

『感情線の上や下に、もう1本別の線が出ている場合』の手相占いをまとめてご紹介します。 ご自分の手相を眺めて「手相の線が...

手相占いの基本では、手のひらに出る縦方向の線は、前向きな良い線が多いため歓迎なのですが、横方向の線はあまり良い意味がありません。

手のひらに横方向の線がたくさん出ているなら、手相が曇っていることになりますから、運勢も下降気味の状態と言えるかもしれません。

今回ご紹介する放縦線も、短い線が1、2本うっすら出ている程度なら、それほど気にする必要はありませんが、線が目立っていたり、数がたくさんあるなら少し注意が必要です。

月丘の上部(頭脳線寄り)に出る放縦線 3種

まずは、月丘の比較的上の方(頭脳線や感情線の近く)に出ている放縦線を3種類ご紹介します。

上に出る放縦線

“上の方”とは、月丘ゾーンの上から2/3ほどを目安にしてください。

1.カーブして下がる放縦線

月丘の上部に出ている放縦線が、カーブして手首の方に下がった状態の手相の見方になります。

下に下がる放縦線

放縦線は横方向に伸びる場合が多いですが、下に向かってカーブすることもあります。

このタイプの放縦線は、食生活の乱れが原因で出やすいようです。暴飲暴食がたたって、胃腸が弱っている証拠です。

気になる症状があるなら、念のために検査を受けてはいかがでしょうか。

慢性的にあるなら、もともと胃腸が弱く、すぐにお腹を壊すタイプかもしれません。

タフな人と同じように飲み食いしていては身が持ちませんから、普段から胃腸に無理を掛けないような心がけが必要でしょう。

お付き合いよりも、身体の方が大切です!

参考 もしも、このカーブの線が強いなら、直感線(水星環)の可能性が出てきます。↓の記事も参考にしてください。

luckyな良い暗示の手相を、順に紹介しております。 15回目の今日は、直感線がある手相です。 過去にリング(環紋)のと...

2.生命線に届かない短い放縦線

月丘に弱い横線が入る、一般的な放縦線で、長さは生命線まで届かない短いタイプになります。

月丘の上部に出る放縦線

月丘の上の方に入る放縦線は、胃腸障害線と言われています。

胃や腸などの内臓が弱っている印ですから、食べ過ぎ・飲み過ぎにはご注意ください。

短い線が1本だけならそれほど心配はいりません。無理さえしなければOKで、体が元気になれば自然に消えていくはずです。

しかし、放縦線が短くてもたくさんある時や、線が生命線のそばまで伸びるほど長いなら、注意が必要です。慢性的にある時も同じです。

生命線近くまで伸びていたら、健康警告と捉えましょう。

3.生命線に達する長い放縦線

放縦線が生命線を横切っている場合の手相の見方です。

生命線に達する長い放縦線

放縦線が生命線を超えて、生命線の内側(親指側)まで入り込んでいるようなら、もう既に何かしらの健康トラブルが起きている可能性があります、

胃腸の病の可能性が高いのですが、それ以外の病気の場合もあります。

何かしら気になる症状があるなら、早めに検査を受けましょう。

このタイプの放縦線が慢性的にあるなら、具体的な病気は見つからなくても、”何かいつもスッキリしない”という症状に悩まされるかもしれません。

あくまでも目安ですが、生命線と接する地点を生命線の流年法に当てはめることで、大まかな時期が分かります。

生命線の流年法

放縦線が生命線とクロスする時期は特に注意しましょう。

月丘の底部(手首線の上)に出る放縦線 2種

続いては、月丘の底部の、手首線の少し上に、横線やカーブの線が出ている時の占い方になります。

位置は、月丘ゾーンの下1/3ほどを目安にしてください。

手首の上に出る放縦線

手首のすこし上に出る放縦線は、頭脳線や感情線の付近に出る放縦線と違って、セクシャルな意味合いが強くなります。

手首線とは、手のひらと手首の境目にある線で、かなりくっきりとした明瞭な線が3本ほどあるのが良相なのですが、不健康な人は、手首線が薄かったり、切れ切れになっていたり、本数も少ないことがあり、放縦線と区別が難しい人もいるようですが、あくまでも手首線は明瞭な線、放縦線はそれよりも薄い線と判断して下さい。

手首線

4.手首線の上辺り(月丘の底部)に出る放縦線

一般的な放縦線ですが、”出る位置が月丘の下のほう”という手相です。

下の方に出る放縦線

上の方に出るのは胃腸トラブルの相でしたが、下の方に出るのはSEXのし過ぎか何かで、精力が衰えていたり、疲労がたまっている暗示になります。

放縦線は、もちろん”SEXとは無関係のただの疲労”で出ることもあるのですが、月丘の下部に出る場合は、性的な意味が加わるようです。

こちらも薄く短い線が1本くらいなら、何の心配もいりません。少し休んで体調が戻れば、消えることが多いでしょう。

しかし、線が生命線の付近まで長い場合や、数がたくさん出ている、線がだんだん明瞭になってきた…等の状態なら、SEXが原因での疲労困憊(枯れる状態)を意味したり、更年期障害、時には性病の可能性など、性行為に関連するトラブルに見舞われるかもしれません。

生命線を超える長い放縦線

生命線と接する場合は、クロスする地点を生命線の流年法に当てはめて、その時期は特に注意するようにしましょう。

生命線の流年法

5.手首線の上にカーブしている放縦線(ビア・ラシビア線)

手首線の上に出ている放縦線が弓なりにカーブしていると、よりも更にセクシャルな意味合いが強くなります。

ヴィア・ラシビア

このタイプの放縦線は、ヴィア・ラシビア、またはビア・ラシバ、または太陰線と呼ばれている、淫欲線になります。

以前、変人の手相として土星環をご紹介しましたが、土星環はアブノーマルな性癖がある人が多いようで、今回の手相も似たような意味合いの線になります。

ビアラシビアは、一時的に薄く出ている程度なら、刺激の強い性行為を望んだり、肉欲を欲している…という程度でしょうが、明瞭な線が常にあるなら、自由奔放なSEXを意味する線ですので、変態プレイを好むような特殊な性癖があったり、欲望や快楽に忠実で、官能的な人生を送るかもしれません。

ビアラシビアにプラスして、金星丘と呼ばれるゾーンが、盛り上がって赤みを帯びていたり、グリルがあるなら、なおさらその傾向がある、激しい性欲を持つ人の手相でしょう。

金星丘のグリル

ビアラシビアのカーブはもっと大きい場合もあって、手首線の上を大きくカーブを描いて、生命線の内側まで入ることもあります↓。

ヴィアラシバ

生命線に入り込むビアラシビアは、より奔放さが目立つかもしれません。欲望が強く、節操観念が低い、複数の異性との性愛を楽しむ、刺激的な自由恋愛を愛する人です。

一見、真面目そうに見えても、実は昼と夜の顔が違う!というケースもあります。

ただ、あまりにも本能におもむくまま、自由に願望を追いかける余りに、大きな落とし穴にはまることがあり、性的な問題でのトラブルや、身体も心配です。

生命線と接する地点を生命線の流年法に当てはめて、その時期は特に欲望を抑える努力をしましょう。

生命線の流年法

参考 ヴィアラシビアについては、手のひらに出るリング(環紋)の記事でもご紹介しております。

手相の特殊紋についての8回目。 手のひらに「リング」と呼ばれる環紋がある手相について説明します。 ここでは、親指、人差し...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする