感情線のスタート位置で感情の表現方法を占う

手相占いでは、感情線がどの位置からスタートしているかで、感情を率直に表現するタイプなのか、それともあまり外に出さないタイプなのかを占うことが出来ます。

もちろん、起点以外にも占うポイントはたくさんありますが、今回は感情線の起点のみで占う方法をお伝えしたいと思います。

参考

感情線を占うその他のポイントは感情線の見方のポイントと基礎情報をご覧ください。

感情線の記事は、手相占い:感情線の見方 にまとめております。

スポンサーリンク

感情線のスタート位置の標準

感情線が標準より上から出ているのか、下から出ているのかを判断するためには、まずは標準を知ることが必要です。

感情線の起点

小指の付け根から手首線までの間を4等分して、小指の付け根(上)から1/4ぐらいのところからスタートしていれば標準です。

手首線が複数ある場合は、一番上の線を基準にしてください。

感情線の起点で占う手相の見方

1.感情線が標準よりも上の位置から出る手相の見方

標準より上の起点から出る感情線画像

感情線の起点がやや上の方にあって、標準よりも上の位置からスタートしている手相の人は、喜怒哀楽を率直に表現する情熱的な人です。

感情が高ぶりやすく、ノリも良くて、テンション高め!

みんなのムードメーカーになります。

しかし、少々興奮しやすい面もあり、時に感情的になる場面もあります。

感情が目まぐるしく変わると、周りの人は騒々しく感じて疲れますから、熱くなりすぎないように注意しましょう。

起点が上になればなるほど神経質になるため、心が狭くなりやすいようです。些細なことで激情的になったり、自分で自分の感情が抑えられなくなる傾向があります。

ちょっとしたことでキレたり、怒りっぽかったり、暴走して喧嘩に発展する恐れもあります。それが続くと周りが付いていけなくなり、人が離れていきますから、感情の暴走には気を付けましょう。

スケールの小さい人間にならないように、小っちゃいことは気にしないで、ぐっと飲み込むことです。

2.感情線が標準のスタート位置から出る手相の見方

標準の起点から出る感情線

感情線が、標準的な起点から出ているの手相の人は、感情をうまくコントロールできる、バランスの取れた人です。

カーッと激することもなく、かと言って冷たすぎることもない、理想的な人と言えるでしょう。

ノリが悪いということもなく、やたらにテンションが高すぎて周りから「ヤバい人」と引かれるようなこともなく、時と場合を考えた対応ができる常識人ですから、感情を暴走させて大きな問題に発展するようなことは少ないでしょう。

3.感情線が標準よりも下のスタート位置から出る手相の見方

感情線の起点が標準より下画像

感情線が、標準よりもやや下の起点からでている手相の人は、理性がある、落ち着いた人です。

客観的に物事を観察し、冷静な対応ができます。

いつも穏やかで感情の起伏が少なく、カチンとくることがあっても、いきなり激高したりはしません。

スケールの大きい人です。

感情的にならずに落ち着いて坦々と意見を述べるか、時には言いたいことを言わずに、飲み込んでしまうこともあるかもしれません。

また、周りがノリノリでもそのテンションに付いていけない…と感じることも。

起点が下になればなるほど、クールになり、感情を表に出さなくなります。

浮世離れをした印象を持たれ「何を考えているのか全然わからない」と思われたり、時には情がない冷たい人だと勘違いされてしまうことがあるかもしれません。

自分では「少し大げさかな?」と思うくらいのパフォーマンスをした方が、相手に気持ちが伝わるはずです。

関連記事 指の付け根~感情線までのパッと見の面積で占う方法もあります。

感情線と指の間の面積占い

感情線と指の間の面積で心の広さを占う

【番外】感情線の起点が標準とはズレた場所から出ている手相の見方(異形)

感情線の起点がズレている手相の見方

感情線は手の側面からスタートしているのが一般的ですが、稀に手の内側の、小指の下(水星丘)や薬指の下(太陽丘)からスタートしている場合があります。

こちらは終点のところでご紹介していますので、リンクだけを載せておきます↓。

感情線の起点がズレて水星丘・金星丘から出ている手相の見方

参考 感情線はゴールも重要です。合わせてお読みください。

手相占いでは、感情線の長さ・向き・ゴール地点を見ることによって、恋愛の傾向を占うことができます。 感情線は「人の心情」...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする