感情線の枝分かれ(1) 感情線が二股に分かれている手相4種

感情線の先端が二つに枝分かれしている手相を4種類紹介します。

二股の先端が向かう方向で占います。

二股三つ又というのは、枝分かれしている部分の太さも、感情線と同じくらいはっきりしている場合を言います。

もし、枝分かれしている線が細い線なら、下記の記事を参考にしてください。

感情線の枝分かれ(3) 上向きに別の支線が出ている手相
感情線から上向きに別の線が出ている手相の見方 感情線から上向きに支線が出ている手相を紹介しますが、ここでは、支線は感情線よりも細い...
感情線の枝分かれ(4) 下向きに別の支線が出ている手相(慈愛線)
感情線から下向きに別の線が出ている手相の見方 以前、感情線が二股になっている手相の記事を書きましたが、今回は二股や三つ又のように、...

スポンサーリンク

1.感情線の先端が二股に分かれていて、先端がどちらも上向きか横向きの手相の見方

感情線が大きく二股に分かれている手相

感情線の先端が、はっきりと二股に分岐していて、どちらの先端部も上向き、または横向きなら、前向きで好奇心が旺盛な人です。

常に新しい事に挑戦していって、いくつになっても若々しい人が多いのですが、八方美人になりやすく、誰にでもいい顔をしてしまいがちです。

特に異性に対しては、節操がないタイプだと思われたりたり、浮気と誤解されるような場合もありますから、ご注意ください。

2.感情線の先端が二股に分かれていて、片方の先端が下がっている手相の見方

感情線の先が二股で片方が下がっている手相

感情線が大きく二股に分岐して、片方が下がっている手相の人は、二面性があると言われています。

優しい笑顔の下には、想像もつかないくらい、激しい、鬼のようなもう一つの顔を持っているかもしれません…

と言うのは極端な話ですが、内面と外面が大きく違う可能性が高い人です。

見た目だけで勝手なイメージを持たれてしまい、素をさらけ出すと驚かれたり、引かれたりします。

恋愛に関しても同じで、なかなか本当の自分を相手に見せることができず、常に猫を被っていることがしんどくて、そのギャップにご本人が一番苦しむかもしれません。

3.感情線の先端が早い段階で二股に分かれて、片方の先端が頭脳線に接する手相の見方

感情線が二股になって頭脳線に付く手相1

感情線が割と早い段階で二又に分かれ、その片方が下がって、知能線に接している手相を持つ人は、熱しやすく冷めやすい人です。

好きになったらカーッと燃え上がり、猛烈に相手を口説いたりアプローチを掛けますが、飽き性で、一度飽きたら見向きもしません。

生涯に渡ってコロコロと相手をとっかえひっかえするでしょう。

恋愛は多く経験するかもしれませんが、なかなか結婚まで至りにくいか、結婚しても離婚しやすいタイプかもしれません。

4.感情線の先端が後半で二股に分かれて、片方の先端が頭脳線に接する手相の見方

感情線が二股に分かれて感情線に付く2

感情線が後半で二股に分かれて、その片方の先が下がって、頭脳線に接している手相を持つ人は、自己中心的な人です。

愛情は深いのですが、自分勝手に愛情を押し付けてしまいがちで、相手を困らせてしまいます。

勝手な思い込みで、相手の気持ちを無視して突っ走ってしまうことも。

もっと相手の心を読んで、気遣う気持ちを持つように心掛けてください。

今回は以上となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする