運命線に「乱れ」がある手相一覧

スポンサーリンク
運命線の乱れ

運命線の「乱れ」について書いた記事を、こちらにまとめました。

運命線とは、中指に向かう掌線のことを差し、主に仕事運や社会運を占う掌線になりますが、運命線は掌の広範囲に出る線であり、1本だけでなく、線が複数ある場合も多い線です。

運命線がどこを起点に伸びているかや、ゴール地点によっても意味が変わりますので、いろいろな要素を総合して占う必要があります。

また、くっきりと明瞭できれいな線が、スーッと中指に向かうなら何の問題もありませんが、線に「乱れ」があると、仕事運や社会運が下がってしまい、せっかくの運命線の威力が発揮できないことがあります。

運命線の「乱れ」の種類によって意味が異なりますので、一覧のリンクから更に詳しいページへお入りください。

スポンサーリンク

運命線に乱れがある手相一覧

運命線に障害線(妨害線)がある手相

運命線を遮るような障害線が入る時は、全般的に仕事上のトラブルを暗示させますが、線の太さや障害線の状態で多少意味が変わります。

運命線を遮るような横線・斜め線(妨害線・障害線)がある手相の見方

運命線の上に障害線がランダムに重なる手相

運命線上に絡まる障害線

運命線の上に、薄い障害線が放射線状に何本も重なり合っている時は、主に仕事に関することで、悩みやすい状態に陥っています。

運命線の上に線(障害線)がランダムに重なる手相の見方

運命線が切れ切れ・隙間がある手相

運命線に途切れ、切れ目がある手相

運命線の線の途中が薄くなっていたり、線が途切れている時は、線の様態によって、「転換期」と占う場合と「低迷期」と占う場合があります。

運命線に途切れ・切れ目・隙間がある手相の見方 4種

運命線の上にクロス(十字紋)がある手相

運命線上にクロス×がある手相

運命線上にクロスが重なるなら、仕事の経歴にバツが付きやすいかもしれません。

運命線の上にバツ×印のようなクロス(十字紋)がある手相の見方

運命線上に格子紋(グリル)がある手相

運命線上にグリルがある手相

運命線の上に重なるように、細かい格子状の線が入る場合は、障害線とみなし、仕事運が低迷する日陰の時期が訪れる可能性があります。

運命線上に格子紋(グリル)がある手相の見方

運命線に島がある手相

運命線の島

運命線の線の間に空洞が出来て、水たまりのような膨らみができている場合は、仕事運が低迷したり、トラブルで悩みやすいことを意味しています。

“島”が出る場所によって意味が異なります。

運命線に島(アイランド)がある手相の見方 3種

運命線が鎖状になっている手相

運命線に島が複数あってチェーン状

運命線の”島”が、線の上にいくつも出来て、鎖のように見える手相は、仕事運がかなり悪化していることを表しています。

運命線に「島」が複数あって鎖・チェーン状になっている手相の見方

運命線の上にほくろが重なる手相

運命線上に黒子がある手相

運命線上のホクロは、仕事上で汚点を残す可能性があります。黒子のある場所で意味が異なります。

運命線の上にほくろ(黒子紋)が重なる手相の見方

運命線がノコギリ状の手相

運命線がギザギザの手相

運命線のギザギザは、前に進めない足踏みの状態を表しています。

運命線がノコギリ状にギザギザになっている手相の見方

運命線が蛇行している手相

運命線のクネクネ蛇行する手相

運命線が真っすぐ中指に向かわずに、途中でグネグネと曲がっている手相は、目的に到達するまでに”まわり道”をすることを表しています。

運命線がくねくねと曲がって蛇行している手相の見方 3種

運命線が生命線と接してる、生命線に合流している手相

運命線が生命線に接している手相の見方

運命線が生命線と接している場合、一部が接しているか、完全に生命線に吸収されているかによって意味が異なりますが、苦難を経験しやすい手相です。

運命線が生命線と接してる、生命線に合流している手相の見方

この記事は書きかけです。運命線の乱れに関する記事を更新しましたら、こちらにもリンクを張りたいと思います。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする