感情線のゴール位置で恋愛の傾向を占う‐その6(短い 2種)

スポンサーリンク

終点で占う感情線の見方、今回はその6回目です。

感情線が標準よりも短い手相の見方を2種類紹介します。

手相鑑定では、感情線が上向きが下向きか、長いか短いか、また、その線がどの位置でゴールしているかで、恋愛の傾向がわかります。

感情線の長さは愛情の深さを表しますから、感情線が短いと、恋愛に対してクールな人が多い傾向があります。

占うポイントはいろいろ他にもありますが、今回は終点のみで占う方法をお伝えしたいと思います。

参考 終点で占う感情線の見方 その他の記事

手相占いでは、感情線の長さ・向き・ゴール地点を見ることによって、恋愛の傾向を占うことができます。 感情線は「人の心情」...

参考 感情線のスタート地点で占う方法も併せてご覧ください。

手相占いでは、感情線がどの位置からスタートしているかで、感情を率直に表現するタイプなのか、それともあまり外に出さないタイプなのかを占...

スポンサーリンク

13.感情線が直線的に伸びて頭脳線に合流している手相の見方(マシカケ)

手相占い|感情線が直線的で頭脳線にくっつく

これは、知能線(頭脳線)が二股に別れているような感じに見える、頭脳線と感情線が部分的につながっている手相です。

感情線が下降して頭脳線にぶつかっている手相はこちらへ

感情線が直線的に伸びて、頭脳線に接している手相の人は、頭の回転が速く、気配りができる人です。

この手相は、一見、ますかけ線(頭脳線と感情線が重なって横一文字に重なった手相)に見えますが、ますかけ線の変形型(マシカケになります。

変形ますかけは、頭がよくて実行力があるところや、金銭感覚に鋭いところなど、マスカケ相とよく似た性格を持っていると言えます。

恋愛も効率的で、無駄に時間を過ごしたり、脈のない相手にお金を浪費することを嫌います。恋愛にもコスパを求めやすいところは、ますかけと近いです。

しかし、ますかけ相の人は、”自分のやりたいようにやる!”というタイプが多く、パートナーに対しても優しさが足りないところがあるのですが、このタイプは空気が読めて人の気持ちがわかる分、純粋なマスカケ相より人間関係のトラブルは少なくなり、恋愛も上手くいくことが多いでしょう。

恋愛には割と一途な人が多い傾向ですが、恋に狂ったり、振り回されることは少なそうです。

関連記事 頭脳線の向きで占う(10)頭脳線がまっすぐ感情線に合流する手相の見方(変形ますかけ・マシカケ)

感情線が下がって知能線と交差(クロス)している手相の見方

感情線と知能線がクロスしている手相

ちょっとご注意いただきたいのが、感情線が曲線的に下がって、知能線とクロスして、谷のようになった手相は、一転して内気な恋愛下手になる傾向があります。

恋愛においても、密かな片想いをして、心の中の純な気持ちを隠して隠して、いつもそっと遠くから眺めて終わる、みたいな感じです。

「想いを告げて失恋に終わるくらいなら、想いを告げずにずっと夢を見続けていた方がいい!」という考えも理解できないことはありませんし、たとえ片想いでも恋は恋なのですが、本当に本当に永遠に片想いでも良いのでしょうか?

今の自分を変えたいなら、ちょっとだけ積極的になるよう努力してみましょう。

14.感情線が短くて、中指の手前で終わっている手相の見方

手相占い感情線が中指の手前で終わる(短い)

感情線が中指の下まで届かないで、中指と薬指の間で終了していたり、薬指の下で終わっている場合は、標準よりも短い感情線になります。

感情線が短い手相の人は、待つことが苦手な傾向があり、短気でせっかちな性格の持ち主です。

恋愛も自分のペースで進めたいタイプで、相手のことなどお構いなし!

恋の駆け引きなどは皆無で、じらされることも大嫌いです。恋を楽しむ情緒も、ロマンティックな感情も全くなし!

感情線の短い方はひらめき型クールですので、恋愛についてもあれこれと深く考えることが苦手かもしれませんが、もう少し相手の都合を考えたり、相手の出方を探ることで、関係がうまくいくこともあります。

直球だけでなく、変化球も投げられるようになって、恋愛を楽しむくらいの余裕を持ってくださいね。