感情線のゴール位置で恋愛の傾向を占う‐その3 末端が下がる(下降 3種)

感情線の終点で占う手相の見方、今回はその3回目です。

感情線が下がり気味の手相を3種ご紹介します。

感情線は緩やかに上向きにカーブして、人差し指と中指の間くらいでゴールするのが一般的ですから、末端が下がっている感情線を持つ人の割合は少ないでしょう。

感情線の末端が下がった人は、心優しい人に多い手相ですが、下がり過ぎると恋愛に振り回されてしまう傾向があります。

手相鑑定では、感情線が上向きが下向きか、長いか短いか、また、その線がどの位置でゴールしているかで、恋愛の傾向がわかります。

占うポイントはいろいろ他にもありますが、今回は終点のみで占う方法をお伝えしたいと思います。

参考 終点で占う感情線の見方 その他の記事

手相占いでは、感情線の長さ・向き・ゴール地点を見ることによって、恋愛の傾向を占うことができます。 感情線は「人の心情」...

参考 感情線のスタート地点で占う方法も併せてお読みください

手相占いでは、感情線がどの位置からスタートしているかで、感情を率直に表現するタイプなのか、それともあまり外に出さないタイプなのかを占...

スポンサーリンク

7.感情線の終点が下降している手相の見方

手相占い|感情線が人差し指の下で下がっている|画像

感情線の終点が下がっている手相は、親切で優しい人が多いのですが、情にもろいところがあります。

相手の気持ちに寄り添い、親身になってあげることの出来る優しい人なのですが、情にほだされやすく、「私が支えてあげないと」となり、いつの間にやら世話を焼いていたりします。

恋愛をすると、周りが見えにくくなることは誰にでもありますが、感情線が下がっているととにかく情に流されやすいため、人に利用されてしまうこともありますから、好きな相手だからと言って100%信じすぎるのも危険です。騙されないように用心が必要です。

また、DVを受けたり、苦労をさせられながらも耐え忍んでいるような人も、感情線が下がっていることがあります。

8.感情線が下降して頭脳線につながる手相の見方

手相|感情線が下がって頭脳線に突く|画像

感情線が、頭脳線にくっつくまで下がっている手相の人は、デリケートな感情の持ち主です。

勘がいいというか…感度が良すぎて、恋人のちょっとした態度や発言が気になって、傷ついたり、イライラカリカリが増えてしまいそうです。

傷つきやすいガラスの心を持っていると言えるでしょう。

とにかく繊細で、人の気持ちやその場の空気にあまりにも敏感すぎるので、相手の心や、細かなことを無駄に気にしすぎる傾向があり、恋愛に関しても思い切ったことができない、内気なタイプになりやすいようです。

ネガティブな想像をして、心身のバランスを崩しやすいので、できるだけ悪い空気よりも良い空気を感じ取る努力をしましょう。

恋人に対しても「いいところ探し」をして、「悪いところは見ないようにする」と、幸せを感じる生き方ができると思います。

9.感情線が生命線・頭脳線のスタート地点につながる(三大線が合流している)手相の見方

手相|感情線が頭脳線の起点につく|画像

感情線が長く伸びて、頭脳線・生命線のスタート地点に接している、三大線が合流している手相を持つ人は、恋愛をすると理性を失います

感情が優先されて、理性のコントロールができなくなるタイプです。

恋は盲目という言葉がありますが、まさにその通り。

恋する相手のことしか見えなくなり、その他のことがおろそかになってバランスを崩してしまいがちです。

恋愛が盛り上がっていると仕事が手に付かなくなるタイプの人でしょう。

それでも、恋がうまく行っているならまだいいのですが、冷たく振られたり、もて遊ばれたり、騙されたりでもしたら大変で、センチメンタルになって、自殺しそうなくらい激しく落ち込みます。

くれぐれも、感情に支配されて、一時の衝動的な思いで突っ走らないようにご注意ください。

また、恋に落ちてしまったら、相手が既婚者であってもブレーキが効かなくなるため、不倫や駆け落ちなど、”道ならぬ道”を選んだ末に、後悔して苦しむのは自分自身です。

恋で人生を台無しにすることがないよう、心して下さい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする