感情線の枝分かれ(7)山型(波形)に下向きの感情線が連なった手相

少し前に、感情線が二股になっている手相の見方を書きましたが、今回は、二又と言うよりは、下向きの感情線の上にもう一つ別の感情線が、波のように重なっている手相をご紹介します。

波や山が連なるように段々になっている感情線は、感情線の下向きの支線と似たような意味があります。

波が3つ4つと重なっている場合も同じとお考え下さい。

参考 感情線のいろいろな支線のパターンをまとめてあります↓。

感情線とは、4本の指と知能線の間にある、比較的クッキリした線のことです。 人によって多少、明瞭さの違いはあるものの、感情線は手...

スポンサーリンク

感情線が波のように重なっている手相の見方

感情線が波のようになっている手相

感情線が波や山のように重なって、下がっている手相は、マイナス思考の持ち主であることが多いようです。

多感で、物事を悪い方に悪い方に考える癖を持っていて、いつも心配事を抱えています。

小さなことが気になってしょうがないのです。

例えば、周りでひそひそ話をしているのを見かけると「自分の悪口を言っている」と勝手に悪い想像をしたり、ほんの些細なことで動揺しやすく、心がざわついて眠れなくなったりします。

相談する家族や友達がいればまだいいですが、相談が頻繁になると重たく感じられて、周りから人が離れて行ってしまいます。

そして相談事をスルーされたり、無視されると、ますます落ち込んでしまうのです。

しかし、お友達にも都合があって、いつもあなたのことばかり心配する余裕はありません。

あなたの都合で周囲を振り回すのはやめて、ご自分で浮上する方法を考えてみましょう。

小さなことは気にせず、物事を良い方に捉える癖をつけて、プラス思考で生きる工夫をしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする