感情線にフィッシュ(魚紋)が接する手相の見方

感情線にフィッシュがある手相

手相にフィッシュや魚紋と呼ばれる印が、感情線に重なって出る場合の、手相の見方をご紹介します。

フィッシュについては過去に、手のひらにフィッシュ(魚紋)がある手相でご紹介しましたが、フィッシュは「島」と間違えやすく、まさに似て非なるもの!

“尾っぽ”が付いているだけで、大凶から大吉に変わる印なのです!!!

フィッシュと島の違い

感情線は、「人の心を表す掌線」のため、心が乱れている時や自信を失っている時に「島」が出やすいのですが、もしこれに”尾っぽ”が付いていたら、ラッキーサインに変化します。

フィッシュはスターと並ぶ、幸運の印なのです!

手相に「島」を見つけたら、グリグリと爪で”尾っぽ”を書いて、フィッシュになるように念じましょう。

参考 感情線に島がある時は↓をご覧ください。

感情線に島(島紋・アイランド)がある手相の見方
手相占いの感情線に島紋がある手相の見方をご紹介します。 島がたくさんある手相 島が2つ3つ重なる手相 終点に島がある手...

スポンサーリンク

感情線にフィッシュ(魚紋)がある手相の見方

感情線にフィッシュがある手相

感情線の上にフィッシュが重なる手相をお持ちなら、それは、ラッキーなことが起こる前触れでしょう。

上の画像は、感情線の末端にフィッシュが付いていますが、感情線に接していれば、フィッシュの位置はどこに付いていても意味は同じになります。

感情線とは恋愛運を見る線でもありますから、愛情面で幸福を感じる出来事が近づいています。

その機会を見過ごさないように、常にアンテナを張っておきましょう。

参考 その他の感情線に関する記事は、

手相占い:感情線の見方にまとめております。