生命線が三股(三又)になっている手相の見方 2種

生命線が三つ又の手相

生命線が三つ又になった手相で、分岐が大きな三股と、小さな三股の場合の2種類をご紹介します。

参考 二又など、その他の生命線に出る支線については↓にまとめております。

手相の生命線の下(末端)が、二又や三又に分岐・枝分かれしていたり、生命線から別の支線が出ているケースなど、生命線の支線に関する手相を...

1.生命線が大きく三股に分かれている手相の見方

生命線が大きく三つ又

生命線の中間くらいの位置から、大きく三つ又に別れている生命線は、線の強弱の状態によって、違った見方をします。

三股の線が弱い場合

生命線の三又が弱い手相

生命線から小指側の月丘に伸びる線と、親指側の金星丘に伸びる支線が両方ある手相で、線がはっきりしていないなら、気持ちが揺れやすいことを表します。

また、三つ又があまり広がっていない時も同じような見方をします。

外に飛び出したい気持ちと、内に籠ろうとする気持ちが、両方混在しているタイプでしょう。

よって、生命線の三つ又の線が弱弱しい手相は、迷いの多い人生になりやすいと占います。

方向性が決められない、気持ちがブレやすい、決断したはずなのに未練タラタラ…迷っているうちに、いつの間にか人生の迷子になってしまったり、コロコロと方針を変える、節操のない生き方をしてしまうことも。

散々迷っても、結局は堂々巡りになりやすいため、無理に1つに絞るのはやめましょう。

退路を断つようなことはしないで、可能性を残しておくくらいの方が、この手相に合った生き方なのかもしれません。

三股の線が強い場合

生命線の三又が強い手相

生命線から小指側の月丘に伸びる線と、親指側の金星丘に伸びる支線が両方ある手相で、線がくっきりと明瞭な三又なら、興味や関心が多岐に渡る、積極性のある人であると占います。

線の強さは、様々なことに興味を持ちながらも、複数のことを同時に行うことができるタフさを表しています。あれもこれもと手を出して、結局どれも大成しないような人ではないはず!

やりたいことがあるなら、1つのことに絞らずに、どんどん挑戦していきましょう。

スケールが大きな人なので、時には海外にまで目を向け、ワールドワイドに活躍できるかもしれません。夢を実現できる、大きな可能性を秘めた手相でしょう。

2.生命線の末端が小さく三股に分かれている手相の見方

生命線の末端が三つ又の手相

生命線の末端が小さな三又で終わる手相は、疲労線と見ます。

気力がわかない、疲れやすい状態になっていますので、ご自愛ください。

参考 疲労線については、↓でご紹介しております。

生命線の末端(下)の先に、薄い支線や弱弱しい支線が出ている手相をご紹介します。 この手相は、生命線の末端がくっきり二股...

スポンサーリンク

シェアする

フォローする