生命線の上に星紋(スター*)がある手相の見方

生命線のスター

手相の生命線の上に「星紋」がある手相の見方についてご紹介します。

手のひら上に、アスタリスク*のように、複数の線が1点に重なっていることがありますが、3本の線が組み合わさっている状態は、スター星紋、スター線などと呼ばれる、特殊紋の一種になります。

過去に何度かご説明いたしましたが、スターは掌線上に重なるものと、単独で出るものがあります。

スター2種

生命線や結婚線などの掌線の上にスターが重なる場合は、4本の線が重なることとなりますから、滅多に出るものではありません。

それも細いデリケートな線であることも多いため、気が付かないこともありますから、もしも手相にスターを見つけることが出来れば、スターが出ている丘や線の意味を強調するラッキーサインとお考え下さい。

参考 スターについては、手のひらにアスタリスク*のようなスターがある手相の見方をご覧ください。

スポンサーリンク

生命線にスターが重なる手相の見方

生命線のスター

生命線上のスター(星紋)も例外ではなく、良い出来事が起こるラッキーサインとなります。

但し、ラッキーサインだからと言って、ただ喜んで終わりにしないでくださいね。

生命線の見方の基礎のところでも触れましたが、生命線は手相占いの中で最も重要な掌線であり、生命線の良し悪しは、運の良し悪しにダイレクトに作用しますから、生命線に出る「乱れ」や、生命線上の「紋」などの変化も、見極めが肝心です。

もちろん、最も大切なのは生命線自体の状態であって、「乱れ」や「紋」は補助的なポイントとなりますが、それでも他の掌線に比べると影響は大きいと考えます。

生命線は手相占いで運勢を読むときのなのです。

生命線上のスターは、生き方や考え方が変化しやすい暗示でもあります。

生命線は「生命力」を占う掌線ですから、「こころ」や「からだ」、周りの「人間関係」など、身の回りに何らかの変化が起こりやすい時期と考えましょう。

心に迷いがあって道を決めかねているなら、”自分の想いのままに進んでよい”という決断を促すメッセージですし、何かの理由で物事が滞っているなら、解決策が見つかるなど、スムーズに事が運ぶようになるでしょう。

もしもその変化が、不幸な出来事であっても、必ずや良い変化をもたらしてくれるものとなりますから、スターが出ている時は抵抗や”悪あがき”はせずに、変化を受け入れましょう。

スターの出ている場所を、生命線の流年法に当てはめることで、大まかな変化の時期を知ることが出来ますが、あくまでも目安とお考え下さい。

スターとクロスは間違えないで!

掌線上のクロスをご紹介するときに、毎回お伝えしていることですが、一見、スターと似ていて間違えやすいのが掌線上のクロスです↓。

生命線のクロス

手相の掌線上に出るクロスは、3本の線が重なり合った状態なので、スターだと勘違いする人も多いのですが、全くの別物で、残念ながら掌線上のクロスはトラブルや不運を表す印です。

スターとクロスの違い

もしも、生命線上にクロスがでていたら、爪でグリグリと線をもう1本書いて、スターになるようイメージしましょう!

参考 生命線にクロスが重なる手相の見方