頭脳線から枝分かれした支線が人差し指(木星丘)に向かって上向きに伸びる手相の見方

頭脳線が枝分かれして人差指に向かう支線が出ている手相

頭脳線から上向きの支線が出ている手相をご紹介します。

1回目は、頭脳線から枝分かれ・分岐した支線が、人差し指の方向に向かっている手相の見方で、出世やビジネスに関わる線になります。

頭脳線を起点にした支線が四指(人差し指中指薬指小指)に向かって伸びている手相は、伸びる方向によって多少意味が変わりますが、割と、どの指に向かっていても良いサインになります。

参考 位置が少しずれて、人差指と中指の「股」に向かう場合は↓をご覧ください。

頭脳線が分岐して上向きの支線が出ている手相で、支線が四指(人差し指、中指、薬指、小指)に向かう手相は、既に4種類ご紹介しましたが、指...

頭脳線の支線や二股・三又などの記事は↓にまとめております。

頭脳線の末端が二又、三つ又に分岐していたり、頭脳線上や下から支線が出ている手相を集めました。 1.頭脳線が二股・三つ又に分かれた手相 ...

頭脳線から木星丘に向かう支線が出ている手相の見方

頭脳線が枝分かれして人差指に向かう支線が出ている手相

人差し指の下は木星丘と呼ばれるゾーンで、指導力や支配力を表す丘ですが、この木星丘に何らかの「線」や「紋」が入ることは、木星丘の発達を表し、指導力や支配力がますます強くなると占います。

以前、”生命線”を起点にして木星丘に向かって伸びる支線のことを「向上線や希望線」と呼ぶとご紹介しましたが、「向上線・希望線」の定義は曖昧で、生命線だけに限定せずに、木星丘に向かって伸びる線は、手のひらのどこから出ていても向上線・希望線と呼ぶ、という説もあります。

とりあえず呼び名のことは、ちょっと脇に置いておきますが、生命線を起点にする場合でも、頭脳線を起点にする場合でも、支線の意味はよく似ています。

木星丘は別名で「野心の丘」とも呼ばれていますが、野心が強くなって、地位や権力を手に入れたい!という願望が湧いてくるのです。

障害線などの「乱れ」がない状態の良い頭脳線が、枝分かれして、その支線が木星丘に向かっているなら、実際に地位や権力を手に入れることができる吉相でしょう。

※頭脳線上のどこから支線が出ていても、その線が木星丘に向かっているなら、意味は同じになります。

頭脳線があまり下に下がっていない時は、より成功の可能性が高まりますし、この支線が複数出ているなら大吉相です。

どんどんキャリアアップして、出世のチャンスに恵まれたり、独立起業も夢ではありません。

そしていつかは、社会に貢献し影響を与えるような人物になるでしょう。

もともと向上線や希望線は、明確な目標を持っている人に出やすい線であり、その線が頭脳線から出ているということは、肉体よりも知性を活かして活躍する可能性が高いですから、その能力を最大限に発揮して、成功をその手に掴んでいただきたいと思います。

参考 木星丘に出る「線」や「紋」については、これまでも何度かご紹介してきました。気になる人は↓の記事からご覧になってください。

手のひらの、人指し指の下の木星丘と呼ばれるゾーンに縦や横などの線が出ている場合の手相占いの見方を集めてみました。 人指...
手のひらの、人指し指の下の木星丘と呼ばれるゾーンに紋が出ている場合の手相占いの見方を集めてみました。 人指し指の下のゾ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする