運命線の上に線(障害線)がランダムに重なる手相の見方

運命線の上に細い線が絡まっている手相

手相の運命線に、線がランダムに重なって、絡まったようになっている状態(障害線が重なっている状態)についてご紹介します。

今回の手相は、クロススターのように、2つ以上の線が1点に重なるのではなく、線が1点で重ならずバラバラで複雑な状態を指します。

運命線とは、中指に向かう掌線のことを差し、主に仕事運や社会運を占う掌線になりますが、運命線がどこを起点に伸びているかで意味が変わります。

どこから伸びていたとしても、きれいな線がスーッと中指に向かうなら何の問題もありません。

しかし、線に「乱れ」があると、せっかくの運命線の威力が発揮できないことがあります。

これまでに運命線の「乱れ」として、

  1. 運命線の島
  2. 運命線の障害線
  3. 運命線の切れ目
  4. 運命線の蛇行

についてご紹介しましたが、今回は、運命線の上にランダムに線が重なり合う手相について説明します。

■参考

運命線についての記事は↓にまとめております。

手相占い:運命線の見方

手相の障害線(妨害線)については↓にまとめてあります。

障害線(妨害線)が7大線を遮る手相

スポンサーリンク

運命線の上にランダムに線が重なり合う手相の見方

運命線の上に細い線が絡まっている手相

運命線の上に、運命線を遮るように出ている線なので、障害線の一種になるのですが、一方向からではなく、いろんな方向から何本もランダムに重なる場合は、主に仕事に関する悩みがあって、答えが見つからない状態を表しています。

手相の状態と同じで、気持ちも複雑で悩みやすい状態に陥っていて、考えれば考えるほど答えがわからなくなっていく…そんな心情がそのまま手相に表れているのです。

複雑に糸が絡み合っている感じですね。

実際に毛糸が絡まってしまったら、根気よく解いてやるしかありません。

それと同じで、問題点を探して、1本1本地道にほどいていけば、ちゃんと糸は元に戻りますから、雑なことをしたり、カンシャクを起こして、糸をブチ切るような乱暴なことはしてはいけません。

こんな時は無理に結論を出そうとせず、強引に進むことは避けましょう。

問題点を見つけて、一つ一つ潰していけば、悩みは小さくなっていきますし、おのずと手相も良いものに変化して、自然にこの障害線も薄くなるでしょう。

■参考

このようなランダムな障害線がどの部分に出ているかを、運命線の流年法に照らし合わせれば、大まかな時期を知ることが出来ます。

手相で運命が変化しやすい年齢を占う【運命線の流年法の見方】

以上となります。

スポンサーリンク

フォローお願いします(>人<)