運命線の起点で占う11-感情線の起点の下から運命線が伸びる手相2種

運命線が感情線の下から出る手相の見方

運命線のスタート地点で占う方法の11回目は、感情線のスタート地点の下から運命線が伸びている手相の見方です。

手相の運命線は、社会運や仕事運を表す掌線で、中指に向かって伸びる線のことを指しますが、どこを起点に伸びているかで意味が変わってきます。

参考 その他のスタート地点から出る運命線についてはこちらにまとめてあります

運命線のスタート地点で占う方法をご紹介します。 手相の運命線は、社会運や仕事運を表す掌線になります。 運命線とは...

1.月丘の上部から運命線が伸びている手相の見方

月丘の上部から運命線が出る手相

手のひらの「月丘」の上部から、運命線が出ている手相の見方をご紹介します。

手のひらの月丘については、過去に何度か記事にしましたのでざっくりとだけ説明すると、月丘は「芸術の丘」であり、このゾーンから線が出ていたり、特殊紋があるなら、芸術的な才能に恵まれたり、容姿や雰囲気で得をすることも多いようです。また、他人からの引き立てや援助で活躍できる可能性が高くなります。

過去に、月丘から運命線が伸びる手相のところで、この月丘ゾーンから出る運命線については一度ご紹介しましたが、この月丘の上の方から出る場合は、少し別の意味が加わるのでここでご紹介しておきます。

月丘の「上の方」なんて、かなりアバウトな書き方ですが、手相は人それぞれなので、感情線の位置や知能線の位置も微妙に違っていますから、ピンポイントに「ここ!」とは言い切れません…

特に 2 で説明する第2火星丘との境目は、かなりアバウトなので、微妙な場所から運命線が出ている場合は、両方の意味があるかもしれないとお考えください。

参考記事 感情線の下から出ている線は、他にも二重感情線職業線反抗線があります。↓も参考にしてください。

『感情線の上や下に、もう1本別の線が出ている場合』の手相占いをまとめてご紹介します。 ご自分の手相を眺めて「手相の線が...

運命線が月丘の上の方から出る手相の意味

月丘の上部から運命線が出る手相

月丘の上部から運命線が出ている手相には、夢追い人いう意味があります。

月丘は芸術の丘ですから、ここから運命線が伸びるということは、芸術的なセンスを生かせる分野に惹かれやすい人が多いようです。

月丘から伸びる運命線が、中指の下まで乱れなくしっかりと伸びていれば、自分の好きなことで飯が食える可能性が高くなりますから、この辺りから運命線が出ているなら、自分の好きなことや、遊びを仕事にすると人生の満足度が高くなりそうです。

また、自分が好きなことを楽しむ他に、人を楽しませる仕事も合っています。

テーマパークや娯楽施設、レジャー関係、水商売など、人が楽しむ場所で働いて、みんなを喜ばせ、夢を与える立場になりましょう。

タレントや芸能の世界も合います。

人を楽しませながら、自分も一緒に楽しむタイプなので、嫌いなことを我慢し続けたり、単調で地道な作業は向きません。

しかし、線が薄かったり、切れ切れなど、線が乱れているなら食えない夢をいつまでも追い続けているような夢想家に多い手相のようで、誰が何と言おうと、夢を追うことをやめられない厄介な手相かもしれません。

成功する/しない、お金になる/ならない、は関係なく、〇〇バカと呼ばれるくらい好きなをことを追い求めてしまいそうです。

特に頭脳線が極端に下がっていると、余計にその傾向が強くなるようです。

2.感情線の起点のすぐ下(月丘と感情線の間)から運命線が伸びている手相の見方(忍耐線)

第二火星丘から運命線が出る手相

感情線起点のすぐ下は、第2火星丘というゾーンになります。

ちょっとチャラい系の月丘とは違って、火星丘はとても真面目なゾーンになります。

第2火星丘から運命線が出る手相についてご紹介します。

手のひらの第二火星丘とは

火星丘

手のひらの火星丘については、第1と第2に分かれていて、第1が「攻め」で、第2が「守り」を意味することは何度かお伝えしました。

少し前に第1火星丘から運命線が出る手相の見方を紹介しましたが、今回は、第2火星丘から運命線が出る場合の手相の見方になります。

第2火星丘から運命線が伸びる手相(忍耐線)の意味

第二火星丘から運命線が出る手相

感情線のすぐ下から、もう一本、中指に向かって伸びる線が出ている場合は、「忍耐線」と呼びます。

中指に向かっている線は全て運命線になりますから、中指に向かう忍耐線=運命線でもあるということです。(もしも忍耐線が薬指に向かうなら太陽線になります

上の場像はかなり急な角度で中指に向かっていますが、感情線が2本あるような感じで平行し、途中からクロスして中指に向かうような場合も同じになります。

忍耐線

月丘か第二火星丘かがよくわからない、微妙~な位置から出ているなら、1の方も合わせてお読みください。

忍耐線のある手相の見方

「忍耐線」がある手相の見方ですが、困難なことがあっても粘り強く頑張って、目標を達成できる人であると占います。

月丘から出る運命線のように、人からの援助や持って生まれた才能や雰囲気と言った、どちらかと言えば不確実で保証のないものをあてにしたり、ふわふわと夢を追うのではなく、自分自身の努力や地道な頑張りによって、着実に運を切り開くタイプの生き方になります。

他人から見ればわざわざ苦労して回り道をしているように見えたり、融通がきかないところもあるかもしれませんが、苦労=不幸なことではありません。

苦労を苦労とも思わない、前向きな気持ちが運を引き寄せますし、少々道が険しい方が、楽して行き着くよりも、達成した時の喜びは大きいもの。

「苦労もしたし、大変だったけど、逆に楽しかった!」

この手相を持っている人は、そんな風に答えることが出来る、プラス思考の持ち主で、なりたい自分になれる人です。

思考は現実化します。

「苦労ばかりで報われない」

と思い込めば、本当にそのような人生になってしまいます。

もし、今が苦しい状態であっても、発展途上の状態にあります。

苦労を苦労とも思わない姿勢が、大きな幸せに通じていくのだと思います。

参考記事 運命線についての記事は

手相占い:運命線の見方にまとめております。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする