運命線の上に井の字(四角紋・スクエア)がある手相の見方

スポンサーリンク
運命線上にあるスクエア

手相の運命線が、井の字のようになっていることがあります。

運命線上に「井の字」がある手相の見方をご紹介します。

この手相は、過去に特殊紋のところでご紹介したことがありますが、ここで改めてご紹介します。

私が手相を学んだ先生は、「手相占いは同じ線を何度も違った角度から繰り返し学習することで頭に入っていきやすい!」とおっしゃっていましたので、同じ手相が重複することもありますが、どうかお付き合いください。

スポンサーリンク

手のひらに出る「井の字」はスクエア・四角紋

手のひらに出る「井の字」は、特殊紋の一種であり、スクエア四角紋と呼びます。

手のひらのスクエア

スクエアには3種類あって、上の画像のように、

  1. 主要の掌線(七大線)に重ならずに単独で出るもの(井の字ではなく□の時もあり)
  2. 主要の掌線(七大線)に接するように出るもの
  3. 主要の掌線(七大線)の上に重なってでるもの

があります。

スクエアは、スターフィッシュのように、降って沸いたような大幸運を表すものではなく、必ずしも「スクエア=ラッキーサイン」ではありませんが、掌線上に重なるスクエアについては、「ピンチの時に助けを受ける」「保護される」という意味があり、災い転じて福と為すといった、復活や逆転運を表す印になります。

参考 運命線以外の四角紋(スクエア)について詳しく知りたい方は↓をご覧ください。

【手相紋占い6-1】手のひらに井の字#のようなスクエア□(四角紋)がある手相
手相の特殊紋について記事にしたいと思います。今回はその6回目。 手のひらにスクエアと呼ばれる四角紋がある手相について説明します...
【手相紋占い6-2】手のひらの掌線上に井の字のようなスクエア(四角紋)がある手相
ここでは、手相の特殊紋について記事にしたいと思います。今回はその6回目のその2。 手のひらに”スクエア”と呼ばれる四角紋が、生...

運命線上に出るスクエア(四角紋)の手相の見方

運命線上に出るスクエア四角紋井の字

上の画像には運命線上に出ている2種類のスクエア(四角紋)を載せていますが、どちらの場合でも同じ意味であるとお考え下さい。

運命線上にスクエアが出ている手相は、リストラや倒産などで失業の憂き目に合う可能性があり、仕事上のトラブルに遭いやすいことを意味します。

ここまでは前に説明した、障害線クロスなどの「乱れ」とよく似ています。

しかし、スクエアが他の「乱れ」と違うところは、このトラブルが転機となって、1社目よりも良い再就職先に巡り合えたり、手を差し伸べてくれる協力者が現れるなどして、復活することができるという点でしょう。

仕事や社会で辛い経験をするかもしれませんが、決してタダでは起きません!

将来的に「あの時の経験があったからこそ今の自分がある」と思えるようになりますから、どんなことが起こっても、前を向いて頑張りましょう!!

参考 スクエアの位置を流年法に当てはめて大まかな年齢を知ることができます。

手相で運命が変化しやすい年齢を占う【運命線の流年法の見方】
前回は、運命線の見方の基礎知識について説明しましたが、今回は運命線の見方の2回目です。 運命線は、仕事運や成功運を占う、掌線になります...

2本の運命線の間にスクエア(四角紋)がある手相の見方

2本の運命線の間にスクエア四角紋井の字はしご

2本の運命線の間に、はしごが掛かるようにスクエアがある手相は、とてもいい手相です。

くっきりした運命線が2本あるということは、二業を持ったり、異業種への転職を意味するものなのですが、この二本の運命線の間にスクエアがあるときは、転職や独立がきっかけとなって大発展を遂げることができると占います。

ちなみに、右側の運命線は知能線で止まっていて、知識不足や思い違いなどが原因で挫折を経験しやすい手相ですが、左側に感情線を超える新たな運命線がありますから、スクエアがなくてもそこそこ発展できそうな感じの手相なのですが、間にスクエアがあることで、挫折どころか前のキャリアを引き継いで、さらに大きく発展することが予想できる良相になり、将来が大変楽しみな手相でしょう。

ますます励んでくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする