頭脳線(知能線)が極端に離れている、意外な場所にある手相 4種(頭脳線が異形)

頭脳線が大きく離れた手相

「自分の手相には頭脳線がない!?」思ったら、意外な場所に大きく離れて出ていることがあります。

頭脳線がない手相は、↓のどれかに当てはまることが多いようです。

頭脳線の起点は、生命線の起点と同じであることが一般的ですが、生命線と少しだけ離れて出ているのは時々見かけます!(じゃじゃ馬の相・離れ型・KY線)。

しかし、生命線からかなり離れて出ているなら、それは頭脳線が異形であり、稀な手相であると言えるでしょう。

頭脳線があるべき場所に見当たらず、標準から掛け離れた地点にずれて出ている手相を、4種類ご紹介します。

参考までに、標準的な頭脳線は↓のような状態です。

頭脳線の起点の標準

スポンサーリンク

1.頭脳線が人差し指の下(木星丘)から出ている手相

頭脳線が木星丘から出る手相

頭脳線が生命線から大きく離れて、木星丘と呼ばれる、人差し指の下のゾーンから出ている手相の見方になります。

過去に生命線のところで、頭脳線と生命線が少しだけ離れている手相をご紹介しましたが、こちらは実行力があって、独立心が旺盛になりやすい手相でした↓。

生命線と知能線の起点がやや離れている手相

しかし、生命線と頭脳線が大きく離れれば離れるほど無鉄砲になったり、ろくに考えずに物事を推し進める、無計画なタイプになりやすいと占います。

今回のように、大きく離れて木星丘から出る場合は、さらに向上心が強くなる傾向があり、大望を抱く野心家に多い手相になります↓。

頭脳線が木星丘から出る手相

木星丘と言う丘は、「指導力や支配力」を表す丘ですから、このゾーンから頭脳線が出るということは、頭脳線とリーダー線(指導線)が合体している状態となり、人の上に立って、人を支配したいという気持ちが強くなるようです。

人に遣われるのではなく、自分がトップに立ちたいと考えるようで、組織の中で思うように芽が出ない時は、独立・起業など、無謀とも思われるような挑戦を行うこともあります。

こじんまりと、ただ流れに流されるだけの人生を送るよりも、「人生には冒険はつきもの!」という前向きなスタンスで、己で道を切り開こうとする強さがあるのです!

確かに、一時の衝動で、リスキーで大それた行動を起こす危険性もあるにはあるのですが、この手相は負けず嫌いでもあって、たとえ一度失敗しても、「今に見てろ!絶対に見返してやる!」と常に上を目指して、勉強や努力も怠りませんから、その努力が実を結んで確たる地位を築き、優れた指導力を発揮することは十分可能でしょう。

ただ、ワンマンになりすぎないように、時には人の意見にも耳を傾けるようにしましょう。

参考 木星丘に、他の線や「紋」がある場合も、指導力や支配力に関係することが多いです↓。

手のひらの、人指し指の下の木星丘と呼ばれるゾーンに縦や横などの線が出ている場合の手相占いの見方を集めてみました。 人指...
手のひらの、人指し指の下の木星丘と呼ばれるゾーンに紋が出ている場合の手相占いの見方を集めてみました。 人指し指の下のゾ...

2.頭脳線が感情線から出ている手相

頭脳線が感情線から出る手相

頭脳線が、生命線から大きく離れて、感情線から出ている手相の見方になります。

この手相を持つ人は、不器用な生き方をしやすいかもしれません。

純粋でお人好しなので、ちゃんとルールを守っているのに、どんどん順番を抜かされたり、信用していた人にあっさり裏切られたり…正直に、真面目にやっているのに、損しているような気分になることが多いかもしれません。

もう少し要領よく生きられたら楽なのに…と。

世の中は、社会のルール通りに一生懸命、真面目に生きてさえいれば得をするかと言えば、そうではない場合も多いですからね…

また、”人がいい”ので、簡単に気を許して騙されたり、丸め込まれてしまうところもあるでしょう。

はっきり言えば、バカ正直で融通が利かないタイプです。

根が真面目なので、相手の反応を気にして、自分の行動を変えたり、お世辞を言ったり、嘘をつくことが下手な人が多いかも。

似合ってもいないのに「よくお似合いです~♪」なんて心にも無いことを適当に言えませんし、答えがもろに顔に出たりしますから、営業や販売セールス、水商売などの接客業は一番向いてない職業かもしれませんね。

確かに世渡り上手とは言えませんが、真面目さや正直さ、誠実であることは、立派な長所ですから、ブレずに信念を持って生きて欲しいと思います。

3.頭脳線が手のひらの中央に孤立して現れる手相

頭脳線がかなり離れた手相

頭脳線が、生命線から大きく離れて、手のひらの中央部に孤立している手相の見方になります。

このタイプの頭脳線は、特にじっとしていることが苦手な人が多いようです。

物事を深く考えずに、思ったら即、行動に移してしまうため、時には「落ち着きがない!」と注意を受けることがあるかもしれません。

親離れも早く、実家や故郷から離れて、自由奔放に人生を生きる人でしょう。また、本人の意思にかかわらず、家族と離れて暮らすことを余儀なくされる場合もあります。

もしも、手のひらの中央部に現れる頭脳線の線が短い時や、島や障害線などの「乱れ」がある場合は、忘れっぽかったり、うっかりが多いかもしれません。

孤立して短い頭脳線

脳トレで頭脳を鍛えましょう。

4.頭脳線が生命線の内側(金星丘)から低く出ている手相

頭脳線が生命線の内側から出る手相

頭脳線が生命線の起点から大きく下に下がって、生命線の内側(金星丘)からの低い位置に出ている手相の見方になります。

金星丘と言う丘は、身内や家族を表すゾーンですから、この位置から頭脳線が出ているということは、生家や家族との縁や絆が強い手相になります。

親からの愛情が深く、過保護気味に育っている人が多いため、甘えん坊で依存的になりやすいようで、いつまで経っても親離れ(親が子離れできないケースもある)できずに、いい歳をしてだらだらと身内にぶら下がって生きる可能性もあります。

下手すればニートや引きこもりなど、いくつになっても親のすねをかじって、骨の髄までしゃぶり尽くすことも!

頼れる親なら頼ってあげるのも親孝行のひとつだと思いますが、順番通りいけば普通は親の方が先に亡くなるわけですから、いつまでもあてにしないで自立することも必要です。

そのうち背負わなければならない事も出てきますので、その時に慌てないように、何事も自力で取り組むための気力を奮い立たせてくださいね。

参考 頭脳線に関する記事は、手相占い:頭脳線の見方にまとめております。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする