頭脳線の向きで占う(12)頭脳線が上向きに上がる手相の見方(3種)

スポンサーリンク
頭脳線が上向きにカーブしている手相

「頭脳線の向き・終点」で、夢やロマンを追うタイプか否かを占う手相の見方の12回目(最終回)。

頭脳線が上向きに上がるタイプの手相の見方になります。

頭脳線は、下方向に緩やかに下がるのが標準で、世の中の人の頭脳線は大抵下がっていますから、人と反対の方向を向いて反っていることになり、上向きの頭脳線はかなり珍しい手相になります。

ゴールの方向によって多少意味が変わるため、3種類ご紹介します。

スポンサーリンク

頭脳線が上方向に伸びる手相の見方

頭脳線が上向きの手相の見方

1.小指(水星丘)に向かって上がる頭脳線の見方

頭脳線が小指の下の水星丘に向かう手相の見方

頭脳線が上向きで、小指の下の水星丘に向かって伸びているなら、頭脳線が財運線に変化していることになりますから、経済観念が発達した金運の良い人でしょう。

お金儲けの才能がありますので、商売で一旗揚げたり、事業家としての才能を発揮できるでしょう。

ただ、物事を判断するときの基準が、常に損得勘定に偏りやすく、「お金にならないことは無駄!」と切り捨てる、超現実主義かも。

お金のためなら何でもする銭ゲバになったり、デリカシーのない言動で、品性が悪くならないようにスマートさを意識してください。

2.薬指(太陽丘)に向かって上がる頭脳線の見方

頭脳線が薬指の下の太陽丘に向かう手相の見方

頭脳線が上向きで、薬指の下の太陽丘に向かって伸びているなら、頭脳線が太陽線に変化していることになりますから、芸術的な才能を発揮して、アーティストやクリエイターとして成功しそうな手相です。

トレンドをうまくキャッチしたり、上手にファンや味方を増やす才能もあるでしょう。

上向きの頭脳線を持つ人は商売上手な人が多く、芸術家やアーティストであっても、頭の中はビジネスマンで、しっかり利益も追求しようとします。

たとえ夢やロマンを追って、好きなことや得意なことを仕事に選んだとしても、趣味と実益を兼ねて、稼ぎに繋げることができるでしょう。

3.中指(土星丘)に向かって上がる頭脳線の見方

頭脳線が中指の下の土星丘に向かう手相の見方

頭脳線が上向きで、中指の下の土陽丘に向かって伸びているなら、頭脳線が途中から運命線に変化していることになるため、社会的に成功する可能性が高い手相です。

物質欲や金銭に対する執着が強い方なので、お金にならないような食えない夢や理想はスパッと切り捨て、成功のために時には非常識な手段を使ったり、自分の主張を押し通す頑固な面も強調されるため、それが災いして孤立・孤独になる恐れが…

そうならないようにご注意ください。

仕事中心の忙しい人生になることが多く、中指に向かう頭脳線には頭の病気に注意という意味もありますので、仕事に熱中するあまり、健康管理を疎かにしないように気を付けましょう。

土星丘(中指の下)に線が入ることは、土星丘の発達を表します。

土星丘が発達すると探求心が強くなるため、土星丘が発達したに人は学者や研究者に多いと言われていますが、アブノーマルな世界や、精神世界(心理学や宗教、スピリチュアルなど)に深く入り込むことがあるかもしれません。

ちなみに、千金紋(はい上がり線、成り上がり線)とよく似ていますが、千金紋は頭脳線にプラスして現れる線なので、違いを確認してください。

千金紋がある手相

感情線の向きやゴール地点で占う方法は以上となります。

参考 「頭脳線の向き・終点で占う」のその他の方向の記事は↓にまとめております。

「頭脳線の向き・終点」で占う手相の見方を、一覧でご紹介します。 手相の頭脳線の「向きやゴール地点」で占えることは、夢見...