頭脳線(知能線)の「乱れ」一覧

スポンサーリンク
頭脳線の乱れいろいろ一覧

頭脳線の「乱れ」について書いた記事をこちらにまとめました。

手相の頭脳線(知能線とも言います)は、主に知性思考の傾向を占う時に使う線ですが、明瞭な良い頭脳線を持っていても「乱れ」があると頭の働きが悪くなることがあります。

小さなものや乱れが薄いなら、一時的に出ることも多くそれほど気に病む必要はありませんが、「乱れ」が複数重なる時や、乱れがくっきり目立っていつまでもしぶとく消えない時、頭脳線が全体的にボヤ~っと曇っているように感じる時は、直感が鈍ったり判断ミスを犯しやすいですから決断には慎重になりましょう。

また、「乱れ」が酷いと感じるなら、首から上の顔や頭のケガや病気の可能性もあると占います。

頭脳線のアイランド 頭脳線がくさり状の手相、あみあみ
アイランド(島紋)

首から上の病気

チェーン・鎖状

注意力散漫

頭脳線・知能線がのこぎり状 頭脳線の先端が房状、箒状、しっぽ状
 ギザギザ・のこぎり状

頭の働きが鈍い

先端が房状

考えが定まらない

頭脳線のクロス十字紋 頭脳線が別の線に切り替わる手相
クロス(十字紋)

顔や頭部のケガ

別の線に切り替わる

深刻でない頭部の病気やケガ

頭脳線が分断、途切れ、切れている手相 頭脳線が切れ切れの手相
途切れ・分断

頭部の病気やケガ

切れ切れ

根気がない

頭脳線がクネクネの手相 頭脳線のほくろ黒子紋
蛇行・くねくね

物忘れ、物覚え悪い

ほくろ(黒子紋)

頭の病気に注意

頭脳線のグリル格子紋  頭脳線に障害線がある手相
 グリル(格子紋)

頭の疲れ

 障害線・妨害線

慢性肩こり・首から上の病

頭脳線に薄い障害線がある手相
薄い障害線

ストレス

参考 その他の頭脳線に関する記事は、手相占い:頭脳線の見方一覧にまとめております。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする