頭脳線(知能線)にアイランド・島紋がある手相の見方(5種)

スポンサーリンク
頭脳線に島がある手相の見方

手相の頭脳線に「島紋(アイランド)」がある手相の見方になります。

手相の「島」というのは、掌線の間が広がって、水たまりのようなふくらみが出来ている状態を差します。

目のように見えることから、「目形紋」と呼ぶこともあります。

「頭脳線の島」は、頭が疲れている状態の時に一時的に出ることがありますが、「島」がクッキリしていたり慢性的にある時は、頭部や顔、目鼻口喉などの首から上の病気や、デリケートすぎる弱い精神を表すものであり、数ある特殊紋の中でも「頭脳線の島」は不吉な部類に入ります。

頭脳線のクロス(十字紋)は頭や顔のケガを暗示させる印でしたが、「島」は頭の病気と関連が深い、頭脳線の「乱れ」の一種となります。

今回は、頭脳線の島について掘り下げてご紹介します。

参考 頭脳線以外の線の、線上に出る「島」の見方については↓をご覧ください。

手相占いの特殊紋についての7回目。 手のひらに "アイランド" と呼ばれる島紋が、生命線や運命線などの掌線上にある手相について...

スポンサーリンク

頭脳線に「島」がある手相の意味

頭脳線に島がある手相の見方

まず、「頭脳線の島」の大まかな占い方ですが、出現する位置によって、多少の違いはあるものの、どの場所に出ても下記の意味はあるとお考え下さい。

  • 頭がお疲れの状態
  • 精神的な負荷が掛かっている
  • 頭痛持ち
  • 神経過敏
  • 根気がない
  • 頭部や目鼻口などの病
  • 視力の問題
  • 神経痛などの神経の病
  • 精神的な病

薄くて小さなものが1つだけの時は、さほど気にしなくてもいいと思いますが、頭脳線に目立つ島があるなら、念のため、日ごろから健康に気を配り、ストレスや疲れを溜めないようにして、食事にも気を付けましょう。

運動は脳のトレーニングもプラスすると良いかもしれません。

また、「島だと思ったら、フィッシュだった!」という事も稀にありますので、頭脳線(知能線)にフィッシュ(魚紋)がある手相の見方の方も参考になさってください。

1.親指の下あたりにある頭脳線の島

頭脳線の人差指の下あたりにある島

頭脳線上の島が、起点部に近い、人差し指の下辺りに出ている手相は、幼少期においての知能や精神力が希薄であることを表しています。

小さいものなら大したことはありませんが、数がたくさんあったり目立つ時は、いつもぼーっとしていたり、勉強に身が入らなかったり、根気が無かったり、落ち着きがないなど精神的に不安定なこともあります。

頭脳線と生命線の起点が同じ場合は、生命線の島の意味と合わせて占ってください。

ちなみに、生命線の起点部の島は、「幼少期に身体が弱かったり、病気がちで医者通いが多い」と占います。

2.中指の下あたりにある頭脳線の島

頭脳線の中指の下あたりにある島

頭脳線上の島が、中指の下辺りに出ている手相は、小さなものなら頭痛持ちと占います。

サイズが大きい時、クッキリと島が目立つ時、数がたくさんある場合は、片頭痛に長年悩まされたり、脳に関する病気に注意が必要な手相です。

島があっても、その先の線が力強く伸びているなら、病と共に生きたり、病を克服する可能性を表しますが、島の後の線に力がない時は、後遺症などの何らかのダメージが残る可能性があると占います。

以前もこのサイトのどこかに書きましたが、私の姪がまだ小学1、2年生のころ、急に意識が無くなることが度々起こりましたが、その頃の姪っ子の頭脳線には確かに、この辺りに赤味のあるはっきりとした大きな島がありました。

頭脳線に「目」が付いているような毒々しさで、思わず目が吸い寄せられる感じの「島」でした。

治療で病気は完治したのですが、しばらくしてもう一度手相見ると島は消えていました。その後も会うたびに手相を見せてもらいますが、もう跡形もなく、今では健康そのものです。

このように島は一時的に出現することもあるのです。

3.薬指の下あたりにある頭脳線の島

頭脳線の薬指の下あたりにある島

頭脳線上の島が、薬指の下辺りに出ている手相は、頭の他に、眼の病気にも大きく関わるようで、眼病や視力の低下に注意が必要です。

薄くて小さい島が1つある程度なら、「疲れ目に注意して、PCやスマホを見る時間を減らしましょう」のサインと考えればよいですが、サイズが大きい時、はっきりと島が目立つ時、数がたくさんある場合は、目の異常を感じたら早めに医師に相談しましょう。

4.小指の下あたりにある頭脳線の島

頭脳線の小指の下あたりにある島

頭脳線上の島が、小指の下辺りに出ている手相は、心配性、神経過敏と占います。

サイズが大きい時、はっきりと島が目立つ時、数がたくさんある場合は、取り越し苦労が多くなったり、考えすぎて被害妄想をしてしまうことも。

心配ごとに心が支配され、神経のバランスが崩れて不安定になることもあるので、ストレス解消法を見つけておくことは大事です。

神経痛など神経の病気にも注意です。

また、晩年の知力低下も気になります。物忘れがひどくなったり、最悪ボケる恐れがありますので、自分で意志の判断ができる間に、エンディングノートなどに記録しておくなど、念のための対策をしておきましょう。

誰でも歳を重ねると、本当に忘れっぽくなってしまうものですが、この辺りに島があるなら特に、筋トレだけでなく、ボケ防止のために脳トレで頭脳を鍛えることも加えるといいかもしれません。

5.頭脳線の末端の島

頭脳線の末端にある島

頭脳線の末端に島がある手相は、判断力が無くなると占います。

頭脳線の末端の島は大凶で、頭の病気や、ノイローゼ、鬱病などの精神病が原因で、頭脳の制御が効かなくなる恐れがあります。

絶対に手相通りにないよう、島の後ろに爪で線をグリグリと書いて、頭脳線を伸ばすイメージをしましょう。

または、尾っぽを書いて、フィッシュに変えましょう。

参考 頭脳線についての記事は、手相占い:頭脳線の見方の方にまとめております。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする