人差し指の下(木星丘)に縦線がある手相(リーダー線・指導線)

ラッキーな手相のところで努力線を紹介してから、その記事の補足として、人差し指の下(木星丘)にある努力線(向上線・希望線)について、前回書きました。

今回は、もう一度、人差し指の下の木星丘に現れる線、「リーダー線」について詳しく触れたい思います。

スポンサーリンク

人差指の下に縦に伸びるリーダー線(指導線)とは

リーダー線・指導線

人差指の下の丘、木星丘と呼ばれる部分に、どの線にも接しない状態で現れている縦線、または斜め線のことを、リーダー線や指導線と言います。

リーダー線とよく似た、人差し指付近の線に、どちらかと言えば横向きに伸びる「マネージメント線」というのがありますが、そちらについては下記の記事を参考にしてください。

マネージメント線

【手相紋占い⑧】手のひらに環紋(リング)がある手相
手相の特殊紋についての8回目。手のひらに”リング”と呼ばれる環紋がある手相について説明します。 手のひらに出る特殊紋とは? 特殊...

マネージメント線とリーダー線の違い

マネージメント線は、人のお世話をしながら人を動かす線になります。

マネージメント線

それよりももっと強力なのは、リーダー線、指導線と呼ばれる、縦線です。

お世話なんて生やさしいものではなく、人に命令し、支配するタイプの線になります。

↓↓↓

リーダー線・指導線

リーダー線は、まっすぐ縦に出ている場合と、斜め上に向かって伸びている場合がありますが、どちらもリーダー線になります。

①真っすぐ縦に伸びるリーダー線はボスタイプ

縦のリーダー線・指導線

リーダー線・指導線の中でも、くっきりした線がまっすぐ縦に出ている場合は、かなりのボスタイプです。

独特のオーラを持っていたり、一度会ったら忘れないような強い印象を残す人が多いでしょう。

女性にあったら間違いなく夫を尻に敷くタイプです。

男女とも、主導権を握りたがり、誰かの下に付くことを嫌がります。

みんなをまとめることが上手というよりは、誰かを支配したい、その場を仕切りたいという潜在意識が働くようで、「ああしろ」「こうしろ」と人に命令することが性に合っているといえます。

権威主義であり、そうやって人を引っ張っていくのです。

なので、”なんか偉そう” ”上から目線” ”独裁的” ”怖い” ”厳しい” と言った印象を人から持たれることが多いかも。

本来は、先生と呼ばれる職業や、警察官のような仕事に就くのが一番お似合いかもしれません。

または、親方のようになって、人をまとめ上げるでしょう。

この縦のリーダー線が、深く刻まれていたり、複数出ていたらジャイアンタイプでしょう。

②斜め上に伸びるリーダー線は、人を導くタイプの指導者

斜めに伸びるリーダ線

斜め上に伸びるリーダー線は、どちらかと言えば、自分のやり方を通そうとする①とは異なり、ソフトで相手のことを尊重します。褒めて伸ばそうとしたり、その気にさせるように仕向けます。

そして、上手に長所や”やる気”を引き出し、導くことができる、オーケストラの指揮者のようなタイプのリーダーです。

個々の能力をうまく引き出して、結果的にうまく舵取りをすることができる人でしょう。

(柔らかいタイプの指導者という意味で指揮者を例に出しましたが、もし厳しい命令口調の指揮者がいらっしゃるなら、この例えはおかしいかもしれません…そこはニュアンスで感じ取ってください)

線の位置が中指側にずれたら「引立て線」

②の斜めに伸びるリーダー線とよく似ているのですが、出る位置が人差し指と中指の間くらいの場合は、「引立て線」になります。

引立て線

「引立て線」がある人は、他人からの引き立てを受けて開運すると言われている手相です。

人との関わり合いを避けていたら、引立ては到底受けられませんから、まずは人とのご縁を大切にしてください。

人差し指と中指の間に入り込んでいたらタレント線(自己顕示欲線)

これもリーダー線・指導線とよく似ているのですが、もし、この縦線が、人差し指と中指の間まで入り込んでいたら、それは、自己顕示欲線タレント線と呼ばれます。

タレント線・自己顕示欲線

自己顕示欲を持つ人は、目立ちたがり屋だと言われています。

自己顕示欲線・タレント線については、過去に紹介していますので、下記の記事を参考にしてください。

感情線の上にもう一本別の線がある手相-その4(自己顕示欲線・タレント線)
感情線の上の中指と人差し指の間に短い線がある手相の人(自己顕示欲線・タレント線) 感情線の上に、中指と人差し指の間から出ている短い...

リーダー線の発展形

リーダー線が少し変形して発展している手相や、よく似た手相を集めました。

宜しければ参考にしてください。

聖職紋・玉井紋

リーダー線が2本あって、井の字(スクエア)になっている場合は、リーダー線が発展して聖職紋玉井紋と呼ばれ、より品格が高まり、高尚になります。

環紋のところで詳しく書きましたので、以下の記事を参考にしてください。

木星丘のスクエア

【手相紋占い⑥-1】手のひらに井の字のようなスクエア(四角紋)がある手相
ここでは、手相の特殊紋について記事にしたいと思います。今回はその6回目。 手のひらに”スクエア”と呼ばれる四角紋がある手相について説明しま...

リーダー線が十字(クロス)になっている

リーダ線が+のようなクロスになっている場合は、「願い事が叶う」という吉暗示が強くなります。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

木星丘にあるクロス・十字紋

人差し指の下(木星丘)に十字(クロス・十字紋・十字線)がある手相
クロス(十字紋)がある手相について 下の画像のように、手のひら上に、2本の線が掛け合わさっている状態をクロスや十字紋、十字線などと言い...

ソロモンの環

人差し指をぐるりと囲むようになっているならソロモンの環と言います。生まれつき頭がいいとされる証です。

ソロモンの環以外にも、千金紋(はい上がり線)などの人差し指の下付近にある線や環紋について詳しく書いております。

詳しくは下の記事を参考にしてください。

ソロモンの環

【手相紋占い⑧】手のひらに環紋(リング)がある手相
手相の特殊紋についての8回目。手のひらに”リング”と呼ばれる環紋がある手相について説明します。 手のひらに出る特殊紋とは? 特殊...
スポンサーリンク

フォローお願いします(>人<)