感情線の枝分かれ(4)ゴール付近に下向きor横向きの細かい支線が出ている手相(慈愛線)

感情線の先(人差し指側)に、下向きや横向きの支線が出ている手相をご紹介します。

この支線は、二股三つ又のように、感情線と同じくらいはっきりと太い線が分岐・枝分かれしている訳ではないけれど、感情線の終点付近(人差指側)だけに、下や横、斜め下に向かって、やや細めの短い線が出ている手相になります。

この支線のことを、慈愛線と言います。

感情線全体に、下向きの支線がたくさん出ているような時は、感情線の枝分かれ(6)下向き・横向きの細かい支線が出ている手相をご覧ください。

参考 感情線の分岐や二股、三つ又、枝分かれなど、いろいろな支線のパターンをまとめてあります↓。

感情線とは、4本の指と知能線の間にある、比較的クッキリした線のことです。 人によって多少、明瞭さの違いはあるものの、感情線は手...

スポンサーリンク

感情線から慈愛線が出ている手相の見方

感情線から慈愛線が出る手相

感情線のゴール付近が枝分かれして、下方向、横方向、斜め下方向に出ている線は、「慈愛線」と呼ばれ、優しい心の持ち主であることが多いようです。

慈愛線の持ち主は、いつくしみ深い愛情を持っており、思いやりがある人です。

ペットや子供など、か弱き者を愛し、慈しむでしょう。

困っている人がいると、気になってしまい、黙って見過ごすことが出来ません。

例え目をつぶったとしても、「何で手を差し伸べなかったのかな・・・」と、後で深く後悔するような、本当に優しい人です。

一見冷たそうに見えても、心の奥はとっても温かくて、本当の悪人にはなれない人でしょう。

人は誰かの優しさで救われることがありますから、そんな人をあなたの優しさで包んであげて欲しいと思います。

人を蹴落として上に昇ることなどできる人ではありませんから、競争や駆け引きが必要な世界よりも、のんびりとした環境や、穏やかな世界で生きる方が合うタイプかもしれません。

少し気を付けて欲しいのが、感情線から出る上向きの支線が「プラス思考の線」であることに対し、下向きの線には少々後ろ向きな意味があり、くよくよと悩みやすかったり、ネガティブ思考に陥りやすいことがあるようです。

特に感情線の全体に下向きの線がたくさんあるなら注意が必要です。

思考は現実化しやすいものなので、悪いことを考えて心配ばかりしていては、本当に悪い運を引き寄せてしまいます。

物事は良い方に考える癖を付け、出来るだけ楽天的に振る舞いましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする