感情線を遮るような横線・斜め線(妨害線・障害線)がある手相の見方

スポンサーリンク
感情線に出る障害線・妨害線

感情線を遮るように、横線や斜め線が入ることがありますが、これらを障害線妨害線と呼びます。

2種類の障害線について詳しく説明したいと思います。

過去に、障害線(妨害線)が7大線を遮る手相のところでも軽くご紹介した通り、障害線・妨害線には、感情線を大きく切るように入るものもあれば、細かい波のような線が感情線に覆いかぶさるように出るものがあります。

感情線の障害線・妨害線は、心の乱れを意味していることが多いのですが、障害線の度合いによって、意味が変わってくるのです。

参考 その他の感情線の乱れについての記事は↓にまとめております。

手相の感情線の「乱れ」について書いた記事を、こちらにまとめました。 手相の感情線は主に人間の感情を映しているといわれ、...

参考 その他の感情線の記事は、手相占い:感情線の見方にまとめております。

1.感情線に弱弱しい障害線が重なる手相の見方

感情線に弱弱しい妨害線

感情線の上に薄くて弱弱しい障害線が重なっている手相は、心が曇っていることを表し、ネガティブな感情がそのまま感情線の「乱れ」となって現れています。

言いたいことを言えずに我慢していたり、恋が思うように行かないなど、ストレスが溜まっているようで、悩みやすい状態に陥っている感じでしょう。

このような障害線は一時的なものであることが多く、状況が改善することで薄くなっていきますから、物事をあまり深刻に捉えるのはやめましょう。

ただ、ストレスを放置しておくと、心身の健康に大きな影響を与えることもありますから、思い切って環境を変えたり、ストレスの原因と向き合ってそれを改善する努力を行ってみましょう。

とは言え、なかなか改善が難しいストレスも存在しますから、そんな時は他に気を紛らわすことを考えて、深く悩まないように気を付けましょう。

意識が他のところに向くと、障害線は自然と消えていくものです。

2.感情線にはっきりとした障害線が入る手相の見方

感情線に明瞭な障害線

感情線を切るように濃い障害線が重なっている手相は、心のダメージを表しており、主に失恋を暗示させます。

障害線がはっきりと濃いほどダメージが大きく、生涯に渡って消えない程の大きな心の傷ができるかもしれません。

過去の失恋をいつまでも引きずって、恋に対して臆病になってしまう人も。

感情線が生命線などの他の線と比べて太い人や、二重感情線をお持ちなら、多少のダメージがあっても立ち直りが早いようですが、感情線が薄かったり「乱れ」が重なっている場合は、なかなか乗り越えられずにそこから前に進めない人もいらっしゃるはずです。

特に一般的には上向きの感情線のゴールが、下向きに下がっている人は、”この世の終りか?”というくらい落ち込んで何も手に付かなくなったり、いつまでも過去を引きずる傾向にあるようです。

傷が癒えるまでにかかる時間には個人差がありますが、悲しみはやがて癒えるもの。一度傷ついたからといって、誰も信じなくなったり慎重になりすぎていると、幸せを逃すこともあります。

過去を振り切って前を向く努力をしてみましょう。