生命線のスタート地点で「覇気」があるか、ないかを占う手相の見方

生命線の起点で占う手相

手相占いでは、生命線の起点が、どの位置にあるかで、覇気があるタイプか、覇気がないタイプかを、占うことが出来ます。

「覇気」と言えば、人気漫画「ワンピース (ONE PIECE)」にも、”覇気”や”覇気使い”というワードが出てきますので、読んでいる方は何となく分かると思いますが、「覇気がある」とは、快活で、人の上に立とうとする野心、意気込み、やる気に満ち溢れた状態を差します。

ONEPIECEほど特殊能力感はありませんがそれでも覇気がある人は、覇気が無い人に比べて、向上心や行動力があるため、幸運を掴みやすいと思います。

但し、覇気があっても、それを支える体力が不足していることもあり、全てを生命線の起点の位置だけで判断できるわけではありませんので、線の状態や、線の長さの結果も併せて、総合的に判断してください。

ちなみに、過去に運命線のところで、「運命線が薄い人は、覇気のないタイプである可能性が高い」とご紹介しましたが、運命線は手のひら側を見なければなりませんが、生命線の起点は、手の側面からでもわかりますので、気になる人が覇気のあるタイプかどうかチェックしやすいでしょう。

スポンサーリンク

1.生命線の起点が標準的な手相の見方

生命線の起点の標準

まずは生命線の起点の標準位置ですが、手のひらを開いて、人指し指の付け根の線~親指までの長さの、ちょうど中間あたりになります。

生命線の起点が標準的な手相の人は、あまり無謀なことはしない、常識人です。

特別覇気があるタイプとは言えませんが、覇気が無いわけではなく、その時その時の状況に合わせて行動を制御できる、バランス感覚に優れた人でしょう。

2.生命線の起点が上の方にある手相の見方

生命線の起点が上の方のある手相

生命線が標準よりも上(人指し指寄り)の起点から出ている手相の見方になります。

人指し指の下のゾーンは木星丘と呼ばれ、指導力や支配力を占う時に使いますが、生命線の起点が、木星丘のゾーンの上にあればあるほど、覇気があるタイプとなります。

手相の木星丘

子供の頃、学校の先生に「ハキハキしなさい!」と指導されたものですが、この「ハキハキ(はきはき)」は”覇気と通じる”という説があって、まさにこの手相は「ハキハキした人」に表れるようです。

積極的で前向きで、行動力があって、物事を自分の意思で率先して行うタイプでしょう。

向上心も高いため、大胆に、いろいろなチャレンジをしていきます。

指導力も持っているため、ぐんぐん人を引っ張っていく、頼もしい存在でしょう。

ただ、かなり上からスタートしている人は、我が強くなりすぎて、無意識に敵を作っていることがあります。

アブレッシブに競ったり、人を押しのけるほどの激しさは、頂点に立つ者にとって時に必要な場合もありますが、かと言って周りを敵だらけにしてしまうと、願望が達成しにくくなりますから、何事も熱くなり過ぎないように注意し、うまく人を味方に付ける術を身につけましょう。

3.生命線の起点が下の方にある手相の見方

生命線の起点が下の方にある手相

生命線が標準よりも下(親指寄り)の起点から出ている手相の見方になります。

生命線の起点が親指に近づくほど、覇気がないタイプになります。

標準点よりもやや下から出ている程度なら、若干、神経質な面が目だったり、やや控えめなタイプになりますが、かなり下の親指の付け根付近から生命線がスタートしているなら、第一火星丘と呼ばれるゾーンが狭くなるため、積極性や行動力、闘争心が失われてしまうのです。

手相の第一火星丘

第一火星丘が発達しすぎると(盛り上がっていたり、ここから別の線が出ている)、闘争心が強すぎる傾向がありますが、発達しなさ過ぎるのも心配なのです!

生命線の起点が高いと前向きになるのとは真逆で、起点が低いと後ろ向きになってしまうようで、野心や向上心が全くなかったり、何事も意欲的に取り組めない人になる可能性があるでしょう。

また、克己心(こっきしん)が弱くなる傾向もあります。

自分の欲望を抑える力がなくて、我慢をしない、楽な道に流れてしまう…

やる気もなく、何の目標も持たずに、酷い時はひがんで、気に入らない人の足を引っ張るような、心の狭い人間にもなりやすいです。

この記事を読んで、ムカッと来たなら、絶対に手相通りの人生にならないように、常に「自分はこうなりたい!」という人生の目標を持ちましょう!

物事に本気になることは、決して、ダサいとか、カッコ悪いことではありません。一度きりの人生ですから、一生懸命になれる何かを見つけて、熱くなってみましょう。

以上となります。

生命線の起点が、頭脳線(知能線)に接しているか否かも重要です。併せてご覧になってください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする