感情線のゴール位置で恋愛の傾向を占う‐その7(中指に接する・中指に向かう)

感情線の終点で占う手相の見方、7回目。感情線が中指に向かう手相の見方をご紹介しています。

感情線が中指の付け根(基底線)に

をご紹介します。

手相鑑定では、感情線が上向きが下向きか、長いか短いか、また、その線がどの位置でゴールしているかで、恋愛の傾向がわかります。

占うポイントはいろいろ他にもありますが、今回は終点のみで占う方法をお伝えしたいと思います。

参考 終点で占う感情線の見方 その他の記事

感情線の長さやゴール位置で占う手相の見方 15種
ここでは、感情線のゴール地点で占う方法を15種類ご紹介します。 中指の下で終わる(やや短め) 中指と人差し指の間で終わる(標...
スポンサーリンク

15.感情線が中指の付け根に接している手相の見方

感情線が中指に付く 織田信長の相

感情線が中指の付け根(基底部)に接している手相の人は、肉欲に溺れやすいかもしれません。

中指の下の土星丘は、極端に発達しすぎるのはあまり良くないと言われており、そこに感情線が入ることは大きな発達とみなしますので、恋愛に関することで少々問題が生じる可能性があります。

一度快楽を覚えたら突き進むのが人間ですが、この中指に感情線がくっついている人は、より深い快楽を求めてしまい、アブノーマルな世界に迷い込んでしまいやすい人と言えます。

この手相は、以前、ある先生から『織田信長の相』と学んだことがあるのですが(本当に信長がこの手相だったかは不明)、性格的にも少々利己的で、他人のことを思いやることが苦手で、冷酷なところがあるため、相手の気持ちを無視して、快楽を貪る危ない行為を楽しむことがあるかもしれません。

感情線が、中指のつけ根を超えてしまう(隠出と言います)手相を持つ人は、より自分本位な性格となり、時には残忍な行為を行ってしまうことも・・・

パートナーや周りの人間を使い捨てにしたり、駒のように扱わないようにして下さい。

感情線が中指の付け根に接しない場合の見方

感情線が中指に向かう手相

感情線が中指に向かって伸びて、中指の基底線に接しない場合の見方を追記しておきます。

中指の下は土星丘と呼ばれていて、他の丘に比べてやや窪んでいるのが普通なのですが、ここに感情線などの線が入ることは土星丘の発達を意味し、色情が強くなる傾向にあります。

土星丘と呼ばれるゾーン

土星丘の発達は、官能的なSEXを楽しむ人の特徴と言ってもいいと思います。

発達の度合いが大きくなることで、物事に深くのめり込む傾向も強くなるため、アブノーマルな道に入っていきやすくなるわけです。

基底線に接していないので、上で紹介した『織田信長の相』ほどではありませんが、利己的で、自分本位の考え方を通そうとするところが強いので、快楽をむさぼることに没頭しすぎて、相手のことはお構いなし!にならないようご注意ください。