感情線がない手相・感情線の線が薄い手相

スポンサーリンク

①感情線が無い手相の見方

感情線がない手相

自分の手相は人と比べて「線が一本足りない・・・」という人が時々いらっしゃいます。

頭脳線と感情線が重なって一本になっているマスカケ相は以前紹介しましたが、ますかけ相は線が直線的で、頭脳線が手のひらを横切るように一文字になっていることが多いため、もし頭脳線のゴール地点が下がっていたらそれはマスカケではなく、感情線がない手相であると判断します。

※『線が一本足りない=マスカケ相』とは限りません。

感情線は、生命線や頭脳線(知能線)と同じく重要な線で『三大線』と呼ばれていますから、この線がないのは珍しい手相だと言えるでしょう。

感情線がない手相は、身内との縁が薄い人という見方をします。

また、あらゆる情が薄いという見方もあります。

親兄弟や友人、信頼できるパートナーがいない。

過去に裏切られるような経験をしたり、愛情を与えられずに育てられたりして、愛情と言うものを知らないために、誰に対しても愛情を持てなかったり、冷酷になってしまうなど、心がない、魂がないことにより、人の痛みがわからない自分勝手な冷たい人間になりやすいのです。

感情線がない手相の人は、人一倍、自分の周りにいる家族や友人を大切にするように努めてください。

そして自分のことよりも、まず人のことを考えてください。

自分の中にある優しさを、枯らさずに育ててくださいね。

②感情線の線がとても薄い手相の見方

※50㎝ほど離れたところから見て、線が判別できないようなら薄いです。

感情線がものすごく薄い手相も、感情線がない場合と似たような傾向があります。

孤独な人生を歩みやすいので、自分の周りにいる人に対して、いつも感謝の心を忘れずに、大切にしてくださいね。

心がけ次第で、運勢も手相も変化するものです。

スポンサーリンク

フォローお願いします(>人<)