結婚線が緩やかに上昇している手相の見方

結婚線が緩やかに上昇している手相

結婚線が伸びる方向で占う手相の見方の1回目として、結婚線がやや上向きに上昇している手相をご紹介します。

薄い線は見ずに、50㎝ぐらい離れたところからでも判別できるほど、濃くてくっきりしているものや、赤みを帯びているものだけを見てください。線が全体的に薄い人は、結婚線が全く無い手相・かなり線が薄い手相を参考にしてください。明瞭な線が複数ある人は、一番上の線を見るようにしてください。

結婚線が伸びる方向で占うのその他の記事は↓よりご覧ください

結婚線の「線の向き」で占う方法をまとめました。ご自分の結婚線がどのタイプに近いかを見つけて占ってみてください。 ちなみ...
スポンサーリンク

結婚線がやや上昇している手相の見方

結婚線がやや上昇している手相

くっきりと赤みを帯びた線が、緩やかに上昇している人は、とってもよい恋愛運や結婚運を持っていて、理想的な結婚相手に恵まれる兆しであると言えます。

長くて(薬指の幅の半分以上)、切れ目や島などの「乱れ」がなければ、より吉相でしょう。

このような上向きの結婚線がくっきりと1本だけあるのなら、良いお相手と結ばれて、安定した結婚生活を送ることが出来ると言われています。

結婚線が複数ある場合でも、全ての線が上に向いているか真横に向かって伸びているなら、結婚運は概ね良いと判断してもいいでしょう。

もし、くっきりした結婚線が複数ある場合で、下向きの線と上向きの線を持っていたとしたら、上にある線が上向きなら、2度目の出会いで幸せになれる相となります。

それについては、下記に見方を載せておりますので参考にしてください。

参考 はっきりくっきりした結婚線が2本ある手相(二重結婚線)

いろいろな結婚線の占い方の25回目。 明瞭な結婚線が2本ある「二重結婚線」の状態を、4パターン紹介します。 結婚線のゴー...

参考 結婚線がたくさん(3本以上)ある手相

いろいろな結婚線の占い方の26回目です。 今回は、結婚線が複数(3本以上)ある手相の見方を紹介します。 結婚線が3本以上...

また、今まで下や横に伸びていた結婚線が、赤みを帯びてきて、やや上向きに上昇していたら、結婚のチャンスが近づいています。

結婚線が長く伸びてきた、という現象の時も同じです!

どれも良いお相手とゴールインできる兆しでしょう。

まだそのようなお相手が見つかっていないなら、積極的に婚活してみましょう。

既に結婚をしているなら、パートナーを大切にして差し上げてください。

例えマンネリ化していても、ちょっとしたきっかけでラブラブに戻れる可能性が高いでしょう。

参考 その他の結婚線の記事は↓にまとめております。
手相占い:結婚線の見方

スポンサーリンク

シェアする

フォローする